限界を超えた仕事のストレスを本質的に解消できるラクな生き方シフ

限界を超えた仕事のストレスを本質的に解消できるラクな生き方シフト

 

こんばんは、西村敏です。

 

私が会社員で5年目を過ぎた頃は、とにかく仕事のストレスで追い込まれていました。

 

朝7:15に出勤し夜は24時過ぎに家に帰るような仕事しかしていないような毎日で、上司の指示が毎日のように変わって仕事がやり直しになる人間関係の辛さがあり、ついにはベッドに入っても3時間くらい眠れなくなったり、急に涙が止まらなくなるようになってしまいました。

 

車通勤だったのですが、毎日のように「対向車線のあのトラックに突っ込んでしまったらラクになれるのになぁ。」と思ってしまうほどでした。

 

 

もちろん、すぐに家族や彼女のことが頭に浮かび思いとどまるのですが、仕事のストレスは明らかに限界を超えていました。

 

これと同じ毎日をあと35年以上も繰り返すなんて、本当に死んでしまう!

 

心が悲鳴を上げていました。

 

 

なんとかして別の生き方を見つけなければ・・・と思った当時の私は、死んだ目をしながらなんとか書店に行き、仕事のストレス関連や生き方関連の本を読み漁りました。

 

そこで何冊も本を読んでいると【仕事のストレスを本質的に解消できるラクな生き方にシフトする方法】がわかってきました。

 

ほんの少し希望が見えた私は、その方法を実践してみると、少しずつ仕事のストレスが解消されていくのを感じました。

 

 

今では悩んでいる人から個別相談をご依頼いただくことも多くなり、本当に仕事のストレスに苦しんでいる人が多いと感じています。

 

私も限界を超えた仕事のストレスに苦しんだから、気持ちもすごくわかる。

 

だからこそ、一人でも多くの人が仕事のストレスから解放されればいいなと思い、今回「限界を超えた仕事のストレスを本質的に解消できるラクな生き方シフト」を書きました。

 

 

この記事を読んだからといって、いきなり明日からハッピーな楽しい人生になる!なんてことは言いません。

 

でも読み進めていただくと、まずは明日からほんの少しずつ仕事のストレスが軽くなるような生き方をあなたに気付いていただけると確信しています。

 

 

目次

 

  • 3つ以上当てはまったら赤信号!限界を超えた仕事のストレスによって出る症状一覧
  • 仕事のストレスでうつになり休職した同期が会社を辞めた後の社内の反応が「アイツもダメだったか」で終わりだったことに怖くなった
  • 一瞬の仕事のストレス発散方法は効果がなかった
  • 仕事のストレスを本質的に解消できるラクな生き方にシフトする3つの方法
  • 『追い込まれるほど仕事のストレスがたまる=自分に合ってない生き方をしているサインだと受け取る』と、ストレスがたまりにくくなった
  • 『話す=放す(手放す)』泣きそうになる辛さ・苦しさも素直に話せる相談相手がいると、仕事のストレスが安らぐようになった
  • 『お金の安心』お金について学び自分でも稼げるようにしたら、いつでも会社の仕事は辞められると気持ちが軽くなった
  • まとめ

 

 

奇跡の扉

 

 

3つ以上当てはまったら赤信号!限界を超えた仕事のストレスによって出る症状一覧

 

限界を超えた仕事のストレスに追い込まれると、人は何らかの症状が出ます。

 

以前の私が仕事のストレスで限界を超えたときも、突然大声で叫びたくなって、タオルを丸めてその中で大声を出して発狂していたことがありました。

 

他にもこれまで相談に乗った方にもいろいろな症状が出ていました。

 

 

ここで、仕事のストレスに追い込まれたときに出る症状一覧をまとめました。

 

1つでも当てはまるようならかなりストレスを感じている証拠ですが、もし3つ以上当てはまったら、早急に対策をした方がいいレベルのストレスがたまっているはずです。

 

頭痛、吐き気、体調不良、アトピーになる・悪化する、異常に汗をかく、胃が痛い、胃炎、胃腸炎、会社に行きたくない、うつ病、うなされる、円形脱毛症、えづく、朝起きれない、お腹痛い、嘔吐、嗚咽、落ち着かない感じになる、追い込まれる、過呼吸、風邪をひく回数が増える、かゆみ、肩こり、何とも言えない気持ち悪い感じ、異常な緊張感、キレる回数が増える、記憶喪失、苦しい感じの重さがある、苦痛、クローン病、血圧が上がる、仮病を使いたくなる、倦怠感、血尿、健忘、口臭、ストレスがコントロールできなくなる、寒気がする、殺意が湧く、失踪したくなる、お酒の量が増える、死にそう、心臓に苦しさを感じる、湿疹、食事が減る・食欲が無くなる、睡眠障害、睡眠薬を使わないと寝れない、睡眠不足、生理こない、精神疾患、精神安定剤が必要になる、切迫早産、躁鬱、早朝覚醒、体を壊す、体調がいつもすぐれない、帯状疱疹、倒れる、遅刻が増える、適応障害、手汗がとまらない、手の震えがとまらない、てんかん、統合失調症、摂食障害、突発性難聴、吐血、ある場面がトラウマになる、泣きそうになったり泣く回数が増える・涙が止まらない、ニキビ、抜け毛・抜毛症、寝れない、眠りが浅い、ノイローゼ、脳梗塞、発狂、肌荒れ、白髪が増える、腹痛、疲労感、冷や汗、太る、婦人病、不妊、不整脈、不安感、偏頭痛、ヘルペス、ミスが増える、耳鳴り、胸が痛い、無気力、めまい、物忘れ、もやもや、物に当たる、痩せる、やけ食い、憂鬱、異常な劣等感、笑えない、逆流性食道炎、下痢、幻聴、声が出ない、蕁麻疹、情緒不安定、自傷行為、動悸、どもり、便秘、膀胱炎、頭が働かない、薄毛、倦怠感、会社へ行くことへ恐怖感が出る、メニエール病、頬がこける、八つ当たりしてしまう、がん、リストカット、バセドウ病、暴飲暴食、パニック障害、不正出血・・・など。

 

 

こうしてまとめてみると、人はストレスを感じるだけでここまでおかしくなってしまうのかと驚いてしまいました。

 

 

今の時代はどんどんルールに縛られる社会になっていて、そのせいでみんなが人間関係よりルールを大切にし、その結果、みんなでみんなのストレスを増やしている社会状況になっています。

 

もはや、誰のせいでストレス社会になった、なんて言えないくらいです。

 

 

そして、人間関係よりもルールや自分だけを大切にし過ぎる価値観が広がり過ぎた結果、恐ろしいことが私の目の前で起こりました。

 

 

 

仕事のストレスでうつになり休職した同期が会社を辞めた後の社内の反応が「アイツもダメだったか」で終わりだったことに怖くなった

 

仕事のストレスが限界を超える前の私は、ストレスを我慢しながら会社に行きつづけていました。

 

 

そんなある日、同じプロジェクトにかかわっていた同期の田辺くんが3日連続で会社を休んでいることに気が付きました。

 

有給取ってストレス発散で旅行にでも行ってるのかな?と思い、田辺くんの部署の先輩に

 

「アイツ、どこ行ってんすか?(笑)」

 

と聞いてみました。

 

 

すると、こんな衝撃の一言が返ってきたんです。

 

「いや〜・・・、田辺くんさ、うつ病というか精神やられちゃって・・・。しばらく休職なんだよね。」

 

 

マジか!!と本当に驚きました。

 

会社でもプライベートでも笑顔が多い元気なヤツで、部署でも先輩と仲良く会話しながら仕事をしていました。

 

だから、田辺くんが仕事のストレスで休職するなんて完全に予想外でした。

 

 

3か月後、田辺くんは2週間くらい復職したものの、またすぐに会社に来れなくなり休職してしまいました。

 

そしてその1か月後くらいすると、部署の社員リストから田辺くんの名前が消えていました。

 

 

そこで田辺くんの部署の先輩に「アイツ、辞めちゃったんすか?」と聞きました。

 

 

すると、ショッキングな一言を言われました。

 

「うん、田辺くんダメだったみたい。まぁしょうがないよね。よくあることだよ。仕事は俺らでやってくしかないから、引き続きやっていこう。」

 

 

田辺くんと仲の良かった同期に話を聞いても、

 

「あぁ、ダメだったらしいね。まぁ仕方ないさ。」

 

でした。

 

 

私は本当に恐怖を感じました。

 

そのときから仕事のストレスで追い込まれ気味だったのですが、もしこれ以上頑張ってうつ病や自律神経失調症で休職したり会社を辞めるこちになったら、田辺くんと同じように言われてアッサリ終わりになるんだなと思ったんです。

 

 

その瞬間私は、もっと人を大切にする生き方をしたい!と感じたし、人から大切にされたい!とも感じました。

 

それと同時に、そうなるためには今のままじゃダメだ、とも思いました。

 

 

それから私は、何かを探すように、まずは仕事のストレスを発散しようと、無理矢理でも何かをやってみることにしました。

 

 

 

一瞬の仕事のストレス発散方法は効果がなかった

 

仕事のストレスで限界に近かった私は、まずは自分のストレス解消をして、それから人を大切にする生き方をしていきたいと思いました。

 

 

そこで「仕事 ストレス発散 方法」などと検索すると、

 

  • 友人と飲み会して騒ごう!
  • 合コンや街コンに行って彼女をゲットしデートしよう!
  • スポーツで体を動かそう!

 

と出てきたので、私は片っ端からやってみることにしました。

 

 

ですが・・・。

 

 

実際にやってみると、友人と飲んでいる最中はワーワー騒いでなんとなく楽しいし、スノーボードをして風を切って滑っている間は確かに楽しいんですが、ストレス解消できたのはその瞬間だけでした。

 

 

家に帰ると、

 

「うわ〜、あと数時間後には会社に行かなきゃ。」
「こんな一瞬の楽しみのために、また1週間ストレスフルの中で働かなければいけないのか・・・」

 

と考えてしまい、出勤日と休日のギャップを感じ、むしろ逆にストレスがたまる結果になってしまいました。

 

 

結局、あまりに仕事のストレスで追い込まれた結果、全部を悪い方向に考える思考になってしまっていました。

 

 

こんな感じで、頭がおかしくなりそうなくらいに仕事のストレスを抱えていると、一瞬のストレス発散方法は本当に無意味に感じます。

 

もしかすると、飲みに行ったり遊びに行ったりすらやる気にならない状況まで追い込まれることすらあるかもしれません。

 

 

そうなったとき、一瞬のストレス発散方法をいくらやろうと思っても無理でした。

 

 

ここまで仕事のストレスで追い込まれて、私は何か良い方法がないかと書店に行きました。

 

そこで、何冊も本を読んで見つけたのが【仕事のストレスを本質的に解消できるラクな生き方にシフトする方法】でした。

 

 

【仕事のストレスを本質的に解消できるラクな生き方にシフトする方法】を知った瞬間に、毎日感じていたストレスが少し軽くなったのを感じました。

 

そしてさらにその方法を実践すると、さらにストレスが少なく生きていけるようになりました。

 

 

最後にこの【仕事のストレスを本質的に解消できるラクな生き方にシフトする方法】をお伝えしていきます。

 

 

 

仕事のストレスを本質的に解消できるラクな生き方にシフトする方法

 

仕事のストレスで追い込まれていて、外でストレス解消が出来たとしても、このまま30年も40年も働き続けるなんて絶対にどこかでおかしくなる。

 

恵まれた会社にいる人以外は、多かれ少なかれそう感じている人が多いはずです。

 

もしあなたもそう思うなら、表面的なストレス発散でごまかすのではなく、深い部分でストレスを解消していく必要があります。

 

 

そして、深い部分のストレスを解消する方法が【仕事のストレスを本質的に解消できるラクな生き方にシフトする方法】です。

 

【仕事のストレスを本質的に解消できるラクな生き方にシフトする3つの方法】
  • 1.『追い込まれるほど仕事のストレスがたまる=自分に合ってない生き方をしているサインだと受け取る』と、ストレスがたまりにくくなる
  • 2.『話す=放す(手放す)』泣きそうになる辛さ・苦しさも素直に話せる相談相手がいると、仕事のストレスが安らぐようになる
  • 3.『お金の安心』お金について学び自分でも稼げるようにすると、いつでも会社の仕事は辞められると気持ちが軽くなる

 

 

1つずつ見ていきましょう。

 

 

1.『追い込まれるほど仕事のストレスがたまる=自分に合ってない生き方をしているサインだと受け取る』と、ストレスがたまりにくくなる

 

たった一人でもできるストレス解消方法で一番効果が大きいのは『追い込まれるほど仕事のストレスがたまる=自分に合ってない生き方をしているサインだと受け取る』方法です。

 

 

人は生きていてストレスがゼロになることはほぼありません。

 

なぜなら、人の体の仕組み上ストレスは脳や体が異常を検知しているサインの1つだからです。

 

 

ということは、追い込まれるほど仕事のストレスを感じるときは、あなたの脳や体が「その仕事、異常事態だよ!ヤバいよ!」とサインを送ってくれているのです。

 

それでもストレスを無視して仕事をしていると、さらにストレスが溜まり、最初の方で挙げたような症状が出てきて、脳や体がさらに「だから、その仕事異常事態だよ!!本当にヤバいよ!!」と送ってくるサインを強めるのです。

 

 

つまり、限界を超えた仕事のストレスがあるときは、もうその仕事があなたに合っていない、というサインが出ているということなのです。

 

仕事の何が合っていないか?というのは、仕事内容かもしれないし、常時や同僚との人間関係かもしれないし、職場環境かもしれません。

 

 

ここですぐに「会社を辞めるか?転職するか?」と考えなくても大丈夫です。

 

 

 

実際に私は、すぐに会社を辞めたり転職したりはしませんでした。

 

 

私はただ、

 

「あぁ、仕事のストレスが高いってことは、今の仕事が自分には合ってないってことなんだな。」

 

と、ストレスから出るサインを受け止めただけでした。

 

 

すると、ストレスの理由がわかったので、仕事のストレスがヤバい!と追い込まれることが少なくなり、少し冷静に考えられるようになりました。

 

 

もちろん、今の仕事が自分に合っていないと気付けたら出来る限り早く転職なり独立なりの道を作りはじめた方がいいですが、まずは追い込まれるほどのストレスを少しでも解消するのが最優先です。

 

 

そのためにも、

 

「あぁ、仕事のストレスが高いってことは、今の仕事が自分には合ってないってことなんだな。」

 

と、ストレスから出るサインをただ受け取ると、気持ちが楽になります。

 

 

 

2.『話す=放す(手放す)』泣きそうになる辛さ・苦しさも素直に話せる相談相手がいると、仕事のストレスが安らぐようになる

 

今まで相談に来てくださった仕事のストレスで追い込まれている人が口をそろえて言うのが

 

「今まで、誰にも相談することができませんでした。」

 

という言葉です。

 

 

そして、一通りこれまでのストレスや悩みについて話終わると、

 

「今まで誰にも話すことができなかったことをお話しできて、スッキリしました。」

 

とおっしゃいます。

 

 

ただ周りと愚痴を言い合うのも嫌だし、家庭に仕事の話を持ち込んでパートナーや子供に迷惑かけたくないと思い、どんどん仕事の悩みを自分の中に抱え込み過ぎてしまう人が増えているように感じます。

 

でも、誰かに話をするだけで仕事のストレスは解消できることは、今まで相談してくださった方々が証明しています。

 

 

実は言葉の意味としても『話すとは、放す(手放す)ことである』という意味があるので、本当に誰かに話すだけで、仕事のストレスを手放すことができるんですね。

 

 

だからといって、ただ同僚と愚痴を言い合ったり、パートナーや子供にストレスをぶつけるのを推奨するわけではありません。

 

表面的に愚痴を言ってもストレス解消効果は薄いからです。

 

 

理想は、泣きそうになる辛さ・苦しさも素直に話せる相談相手に話すと、かなり大きなストレス解消効果があります。

 

目の前で泣いてしまっても平気なくらい心から信頼できる友人がいればその人に相談してもいいし、誰もいなければお金を払って話を聞いてくれるカウンセラーやコーチで信頼できる人を見つけてもいいです。

 

特に、信頼できるカウンセラーやコーチを見つけられると、よりストレスを減らしていく考え方も学べるし、お金を払って話を聞いてもらっているので気兼ねせずに済むし、新しい仕事を見つけていくヒントも得られるかもしれないのでオススメです。

 

 

 

3.『お金の安心』お金について学び自分でも稼げるようにすると、いつでも会社の仕事は辞められると気持ちが軽くなる

 

追い込まれるほど仕事のストレスを感じるなら、今すぐその仕事を辞めて転職すればいい、と言うのは簡単です。

 

 

もし、今の私が会社員で強いストレスを感じていたらすぐに仕事を辞めるでしょうが、以前の私はそう簡単には仕事を辞めることはできませんでした。

 

実際に仕事のストレスで追い込まれているときは自信がものすごく低下していたので、

 

「でも、給料がないと生活していけないし・・・」
「簡単に転職できるほど自分にはスキルもないし、年齢的にも・・・」
「そもそも転職理由がストレスなんて言えないし・・・」

 

と思ってしまったんです。

 

 

なので、結局我慢するしかなく・・・という状態でした。

 

 

ですが冷静に考えてみると、全てはお金の問題でした。

 

お金さえあればしばらく生活していくことができるので転職活動も余裕が持てるし、もし自分でお金を稼ぐことができれば、そもそも転職する必要すらなくなります。

 

 

お金があったらもっと自分の好きな仕事をするだろうなと私は思いました。

 

 

お金さえあれば・・・なんて話をすると、お金に汚いみたいなイメージがあるかもしれませんが、お金があると解決する問題が多いのは事実です。

 

仕事のストレスは、結果的にお金があれば解決する、そう当時の私は思ったので、今の仕事をやりつつお金の勉強を始めました。

 

 

そして、2年ほどかかりましたが副業でお金を稼ぐことができ、安定した状態で仕事を辞めることができて、仕事のストレスから完全に解放されました。

 

 

 

こうして私は、

 

  • 1.『追い込まれるほど仕事のストレスがたまる=自分に合ってない生き方をしているサインだと受け取る』と、ストレスがたまりにくくなる
  • 2.『話す=放す(手放す)』泣きそうになる辛さ・苦しさも素直に話せる相談相手がいると、仕事のストレスが安らぐようになる
  • 3.『お金の安心』お金について学び自分でも稼げるようにすると、いつでも会社の仕事は辞められると気持ちが軽くなる

 

の3つの方法を使い、本当の意味で仕事のストレスを解消することができました。

 

 

1つでも2つでも全部でも試していただくと、あなたも本当の意味で仕事のストレスを解消することができます。

 

 

 

まとめ「限界を超えた仕事のストレスを本質的に解消できるラクな生き方シフト」

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

今回の記事「限界を超えた仕事のストレスを本質的に解消できるラクな生き方シフト」では、

 

  • 3つ以上当てはまったら赤信号!限界を超えた仕事のストレスによって出る症状一覧
  • 仕事のストレスでうつになり休職した同期が会社を辞めた後の社内の反応が「アイツもダメだったか」で終わりだったことに怖くなった
  • 一瞬の仕事のストレス発散方法は効果がなかった
  • 仕事のストレスを本質的に解消できるラクな生き方にシフトする3つの方法

 

をお伝えしました。

 

 

まとめると、

 

  • 1.『追い込まれるほど仕事のストレスがたまる=自分に合ってない生き方をしているサインだと受け取る』と、ストレスがたまりにくくなる
  • 2.『話す=放す(手放す)』泣きそうになる辛さ・苦しさも素直に話せる相談相手がいると、仕事のストレスが安らぐようになる
  • 3.『お金の安心』お金について学び自分でも稼げるようにすると、いつでも会社の仕事は辞められると気持ちが軽くなる

 

の3つの仕事のストレス解消方法を駆使すると、少しずつ仕事のストレスがない人生が実現していく。

 

という話でした。

 

 

これらの方法のおかげで私は、カウンセラーやコーチとして仕事で悩む人の個別相談にのったり、セミナー講師やWebでのメディア作りで『お金』や『自分の仕事を自分で作る方法』をお伝えしたり、コンサルタントとして人を大切にしながら理想の人生を作るお手伝いをしたり、することで生きていけるようになりました。

 

実際に相談にのった方には、仕事のストレスから解放され自信がついて転職が成功したり、副業でお金が稼げるようになった方もいます。

 

 

あなたも【仕事のストレスを本質的に解消できるラクな生き方にシフトする3つの方法】をやると、追い込まれるほどの仕事のストレスが少しずつ軽くなっていくのを感じるはずです。

【あなたの頑張りをさらに『理想』に結びつける方法】

 


恋愛、お金、仕事、夢、健康……

自分なりに頑張っても何もうまくいかなかった私は、師匠から『普通じゃない頑張る方向性の変え方』を教わったのをキッカケに、今までと同じ努力・頑張りで人生が豊かになっていく『理想』を叶えることができました。

そんな今までと同じ頑張りで人生の理想を叶えてしまう『普通じゃない頑張る方向性の変え方』を公開中です。

  • お金に対するイメージを根本から変えて無理なくお金を得る方法。
  • 周りの人を苦しませずに、調和をとりながら豊かになっていくための第3の道とは。
  • 実績ゼロ、人脈ゼロ、資金ゼロ、知識ゼロ、技術ゼロから5ヶ月で1000万円を引き寄せた話。
など

【先着300名限定!メール講座登録で今だけメール相談何往復でも可能(無料)】

→ 詳しくは今すぐこちら!