起業するには何から始めるの?起業成功者はわからないまま進んだ人だった

起業するには何から始めるの?起業成功者はわからないまま進んだ人だった

 

起業セミナーや起業相談を何度もやってきて、やっと最近『起業するには何から始めるのが正解か?』が見えてきました。

 

「これから起業したい!」と思っている人が上手くいくか・失敗するか。

 

これはほんの少しの差でしかなかったんです。

 

 

そこで今回は、これから起業したい人の『起業するには何から始めるのが正解か?』という疑問に対する私の1つの答えをお伝えしていきます。

 

起業は何から始めるのが正解か

 

あなたは、

 

「会社員に嫌気が差し、起業・独立して自由に生きていきたいんだけど、何から始めればいいかわからない。」
「やりたいことで生きていくために時間の取れる仕事で起業したいんだけど何から始めるのが正解なんだろう。」
「事情があって普通に働けず起業するしかないんだけど、1人起業で生活していくためには何ができるんだろう。」

 

と悩みを抱えていませんか?

 

 

私も起業しようと思った最初は同じように悩んでいました。

 

でも、最初は誰もが『起業するには何から始めるのが正解か?』で悩むんですね。

 

私が起業してから、年商数億円の社長さんや年収3000万円の個人事業主さんに起業当初のことを聞いたことがあるのですが、やっぱりみんな同じように悩んでいた過去があったんです。

 

 

じゃあ、そこから成功する人と失敗する人の違いは何か?

 

どうすれば上手くいく起業をスタートしていくことができるのか?

 

起業で上手くいく人と失敗する人の違い

 

最後までこの記事を読めば、あなたも上手くいく起業をスタートすることができるでしょう。

 

それではこれから、『起業するには何から始めるのが正解か?』をお伝えしていきますね。

 

 

 

起業するには「何から始めるか?」よりも「何か始める」方が超重要!

 

『起業するには何から始めるのが正解か?』の私の1つの答えが「何から始めても正解!」です。

 

と言うと「えぇー!?答えのようで答えになってないじゃーん!」というツッコミが聞こえてきそうですね(笑)

 

 

でも、本気で「何から始めても正解!」なんです。

 

 

なぜかというと、何か始めてしまえば何が必要かは必然的に見えてくるからなんですね。

 

起業で成功するなら何か始める

 

例えば、カウンセラーで起業したいなと思ったら、まずは数人集めて実際にカウンセリングをやってみちゃえばいいんです。

 

やってみれば、人を集められなければ集客スキルが必要だなってわかるし、上手くカウンセリングできなければカウンセリングスキルを高める必要があるなってわかりますよね。

 

そしたら、集客を学ぶところから始めてみよう!とかカウンセリングスキルと高めてもう一度チャレンジしよう!とか、今から何を始めるべきかが見えます。

 

 

こんな感じで「何から始めても正解!」というのは、何か始めてさえしまえば、その次にやるべきことは見えてくるからなんです。

 

 

すると『起業するには何から始めるのが正解か?』なんて迷わなくなりますよね。

 

実は、ほんの少し行動するだけで、あなた自身で『起業するには何から始めるのが正解か?』を見つけることができるんです。

 

 

だから、私が一番お伝えしたいのは『起業するには何から始めるのが正解か?』で悩むのではなく、「何でもいいから何か始めて見ちゃいましょう!」ということです。

 

 

その中で、『起業するには何から始めるのが正解か?』と悩む場合、起業してやりたいことが決まっている場合と決まってない場合がありますよね。

 

 

そこで次は、

 

  • 何か始めちゃう起業|やりたいことが決まっている編
  • 何か始めちゃう起業|やりたいことが決まっていない編

 

として、それぞれのケースで起業で成功していくために何をどう始めていくのが理想かをお伝えしていきます。

 

 

 

確実な起業成功のために、まずは小さく始めてみる!

 

まず前提として【最初は小さく始めてみる!】ということが大切です。

 

小さく始めてみる

 

なぜかというと、最初は必ずと言っていいほど失敗します。

 

今成功している人たちも「最初は失敗しまくったよ〜(笑)」と失敗談を必ず持っています。

 

話を聞くとニコニコしながら話すので、ちょっとした失敗だったのかなぁと思っていると「一度の失敗でお客さんがゼロになった」「全く商品が売れず数千万円いきなり赤字スタートだった」と全然笑えないスケールなので、聞いているこっちが焦るくらいです(笑)。

 

 

なので、失敗しないように起業しようと考えるよりは、いかに失敗を想定して起業に向かっていくか?が重要なんですね。

 

だからこそ【最初は小さく始めてみる!】が起業成功に大切なんです。

 

 

この前提があった上で、やりたいことが決まっている場合と決まっていない場合で【起業の最初に何から小さく始めればいいか?】を考えていきましょう。

 

 

 

何か始めちゃう起業|やりたいことが決まっている編

 

やりたいことがある場合は、そのやりたいことを小さくやってみましょう。

 

すぐにトライする

 

起業する場合、やりたいことが続けられることだとは限りません。

 

なので、まずはやってみて、やりたいことでやっていけそうか?続けていく熱意は持てるか?を自分の肌感覚で体験しておくことが重要なんですね。

 

 

例えば私は、セミナー講師や起業塾など先生業をやっていきたいなぁと思って、まずは単発のセミナーをやってみるところから始めました。

 

セミナー会場である貸し会議室を借りて、セミナーの内容を決めて、ネットやチラシで告知をして人を集めて、実際に人前でしゃべって見たんです。

 

小さい会議室なら安く借りられますし、最初から大人数でやる度胸も無かったので(笑)、5人くらいで小さくやったんですね。

 

 

最初は数万円の赤字でしたし、セミナー自体も上手くしゃべれませんでしたが、先生業で上手くいったら面白いだろうなぁと感じることはできました。

 

また、失敗しても数万円の赤字&このぐらいの作業量なら、上手くいったら比較的時間も自由で利益も出るし、運転資金が少なくてもやっていけるということもリアルで分かったんです。

 

 

こうやって、小さく始めることで失敗しながらも実際に経験できて多くのことを学びました。

 

経験してから、人前でのしゃべり方とか集客が必要だと感じて勉強を始めたんですね。

 

それからで全然間に合うんです。

 

 

それこそ、居酒屋などの飲食店や商品販売も小さく始めることもできます。

 

起業を小さくテスト

 

いきなり店舗を構えると大きなお金がかかるので、居酒屋ならまずは料理教室ができるようなキッチンをレンタルして自分の料理を周りの人に振る舞ってみればいいんです。

 

材料費にいくら掛かって、どのくらいで売らなきゃいけないかが実際にわかるし、その値段で買ってくれるかは食べてくれた人に感想を聞けばわかるわけです。

 

 

商品販売だったら、少量だけ作ってヤフオクとかメルカリとかAmazonで売ってみればいいんですね。

 

今は店舗を構えなくなって商品を売ることができるので、いくらでも小さく実験することができます。

 

いきなり大きな在庫リスクを抱えるより、売れるとわかってから作った方がいいですよね。

 

 

こうやって、起業の第一歩として、失敗してもいいサイズでやりたいことをとりあえずやってみるのがオススメです。

 

 

 

何か始めちゃう起業|やりたいことが決まっていない編

 

「やりたいことが決まってないんだけど、会社員や主婦に嫌気が差して起業してお金や時間に余裕がある生活がしたい。」

 

やりたいことが決まっていないのは一見マイナスのようにも見えますが、逆にそれだけ余白があって、固定観念に縛られていないとも言えます。

 

 

だから、やりたいことが決まっていなくても全然OK!

 

これからやりたいことを見つけていけばいいんです。

 

 

んで、起業したいって思っているということは、何か本を読んだり、誰かのブログを読んだり、セミナーや講演会を聞いて、「起業した人生もいいなぁ」と感じるキッカケがあったワケですよね。

 

そしたら、そのキッカケになった人が何から始めたか調べてみるといいです。

 

成功者が何から始めたか調べてみる

 

そして、キッカケになった人が始めたことを自分も始めてみる。

 

 

もしかしたらキッカケになった人が始めたことはあなたがやりたいことではないかもしれませんが、それでも少しでいいからやってみるのがいいです。

 

何でもいいから始めてみるのが大切ですからね。

 

 

 

もしくは、とにかく興味があることを全部やってみるのも1つの手です。

 

それは仕事に繋がることでも単なる遊びでも構いません。

 

やってみたいなぁと思うこと、やってみたかったなぁと思っていたこと、それらを全てやっていく。

 

 

すると不思議なもので、少しずつ自分のやりたいことというのが見えてきたり閃いたりするんですね。

 

これは、非日常の体験をすることによって脳が刺激され、新たなアイディアが思い付きやすくなるからなんです。

 

 

やりたいことが思い付かないときは、毎日同じ生活の繰り返しだけになり脳が不活性状態になっていることも多いです。

 

 

実際にこのアドバイスをさせていただいた方で、ちょっとやってみたいなぁと思うことをやっただけで、やりたいことが思い付いてそれに向かって行動できるようになった方もいます。

 

 

なので、やりたいことが決まっていない場合は、憧れの人を調べてその人が最初にやったことをやるか、ちょっとでもやってみたいことを手当たり次第やってみるか、で起業スタートしてみましょう。

 

 

 

開業手続き・確定申告などは後からで全然大丈夫

確定申告

 

起業するにあたって、開業手続きをしなきゃ、確定申告を失敗しないように知っておかなきゃ、と思うかもしれませんが、そんなの後回しで全然大丈夫です(笑)。

 

なぜかというと、開業手続きとか確定申告が少し遅れたりミスったりしたくらいでは何にも困ったことは起きないからです。

 

あるとすれば、少し怒られるくらい(笑)。

 

 

私なんて、独立して最初の確定申告が思いっきり間違えていて(添付書類も間違えるし、計算もミスるしw)、税務署から電話かかってきましたからね。

 

でも、めっちゃ優しく「間違っていたのでこちらで再計算した書類を送るので、源泉徴収票など添付書類だけ付けて再送してくださいね。」と言っていただけて、何にも困ったことにはなりませんでした。

 

 

こんな感じで、心配しなくてもなんとかなるんです。(←偉そうに言ってますが、私の場合は優しい税務署の人のおかげでなんとかしてもらっただけだけど(笑))

 

実際、わからないことは税務署とかに言って直接聞けば優しく教えてくれますし大丈夫なんですね。

 

 

なので、開業手続き・確定申告のことは一旦忘れて、起業のため小さな何かから始めることを優先していきましょう。

 

 

 

未来がわからないまま進めた人が成功者になっていく

成功者は上手くいくかわからないまま何か始める

 

『起業するには何から始めるのが正解か?』の1つの答えが「とにかく何か始めてみてしまう」でした。

 

何か始めてみて起業への道を歩み始めたら、次は起業して成功していきたいですよね。

 

 

私がこれまで200人を超える起業相談に乗ってきて「これから起業したい!」人で成功していく人とは

 

『未来がわからないまま進める人』

 

でした。

 

 

起業するってことは新しいチャレンジをするってことです。

 

新しいチャレンジをしたらどういう結果が出るかを100%予想することはできません。

 

だいたいの予測は出来たとしても、予測よりも大きな失敗をするかもしれないし、逆に予測よりも大きな成功をするかもしれないのです。

 

 

もし、未来がわからないことを恐れてしまったら、新しいチャレンジができず、失敗をするどころか失敗すらせずに毎日変わらない日常が過ぎ去っていくだけになってしまいます。

 

面白いことに、「起業したい!」で失敗する人とは、失敗すらしない人でした。

 

 

ですが、その未来がわからない感覚のまま新しいチャレンジをしていける人は、どんどん成長し、どんどん結果も出していきました。

 

「憧れの人に直接会えました!」「副業で月商100万円超えました!」

 

というご報告もきています。

 

起業成功者が手にしたお金

 

 

もちろん、『未来がわからないまま進める人』と言っても、いきなり大きなリスクを背負ったり、死ぬ可能性があるチャレンジをする必要はありません。

 

それこそ『起業するには何から始めるのが正解か?』というスタート段階なら、小さくチャレンジして、小さな失敗と成功を繰り返していくことが大切です。

 

 

小さなことこそ重要なんです。

 

小さくチャレンジして、小さな失敗と成功を繰り返すだけで、実は大きな結果を手にできます。

 

 

起業して成功するためにも、小さなチャレンジから始めて『未来がわからないまま進める人』になっていってください。

 

 

 

まとめ|『起業するには何から始めるのが正解か?』

起業で成功するために何から始めるか?の先に

 

今回の記事では、私が起業スタートコンサルタントとして発見した『起業するには何から始めるのが正解か?』について

 

  • 起業するには「何から始めるか?」よりも「何か始める」方が超重要!
  • 確実な起業成功のために、まずは小さく始めてみる!
  • 開業手続き・確定申告などは後からで全然大丈夫
  • 未来がわからないまま進めた人が成功者になっていく

 

の順番でお伝えしました。

 

 

超シンプルにまとめると

 

  • 1.何かを始める
  • 2.小さく始める
  • 3.未来がわからないまま進む

 

の3ステップで起業は始められます。

 

 

お金の自由・時間の自由・やりたいことで生きる、なんて大きなものを得ようとすると何か複雑なことをしないといけないと思うかもしれません。

 

でも、シンプルなんです。

 

 

シンプルなことをやっていくだけで、お金の自由・時間の自由・やりたいことで生きる、なんてのは私たちは誰でも手にすることができます。

 

ぜひあなたも、理想の人生を歩めるよう起業をスタートさせてみてください。

 

 

あなたの成功をお祈りしております。



【スマイルマーケティングクラブ特別無料会員募集中!】

スマイルマーケティングの中の1つ、”バリュープロデュース”を伝授するメール講座付き限定無料プラン

顧客から「お金を払いたい!」と言われてしまうバリュープロデュースのヒミツとは?


『バリュープロデュース伝授講座の一部』

  • やりたいことをやらない方が楽しく成功していける理由
  • なぜ自動化を後回しにした方が長期的に安定した成功が手に入ってしまうのか?
  • 笑いが増殖!ビジネスで儲かれば儲かるほど 周りに笑顔が増えてしまうスマイルマーケティング理論
  • 終わりなき情報バーゲンセールの始まり。 情報に価値の無い時代に価値を生み出す バリュープロデューサー業という仕事


今ならどなたでも無料で参加出来ますので、この機会にぜひご参加ください。

→詳しくは今すぐこちら