友達・周りの人みんなが自分から離れていく時期がくる理由と対策

友達・周りの人みんなが自分から離れていく時期がくる理由と対策

 

もしあなたが友達・周りの人が離れていかない自分になったら、どんな気分で毎日を過ごしていそうですか?

 

友達と仲良し

 

 

私は会社員を辞めた頃に、友達・周りの人みんながメチャクチャ自分から離れていってるなぁと感じていた時期がありました。

 

人が離れていくことに、2年くらい悩んでいました。

 

最終的には、1週間も一歩も家から出ず、声も一言もじゃべらない日々を過ごしてしまったこともあります。

 

 

ですが、ひたすら葛藤した先であることに気が付きました。

 

そのおかげで、逆に友達・周りの人が離れていかない自分になることができ、新しい人間関係もどんどん増えていくようになりました。

 

新しい人間関係が増え続けるので、人が離れていく怖さもほとんどなくなりました。

 

 

そんな私の経験を元に、今回の記事では「友達・周りの人みんなが自分から離れていく時期がくる理由と対策」をお伝えしていきます。

 

この記事を最後までお読みいただくと、友人や周りの人と喜びや楽しさを分かち合いながら、今までよりもさらに楽しく過ごしていくことが出来るようになっていきます。

 

 

では、早速始めていきましょう!

 

目次

 

  • 友達・周りの人みんなが自分から離れていく時期に起きていること
  • 友達・周りの人みんながが離れていかない自分になる対策
  • まとめ

 

 

 

友達・周りの人みんなが自分から離れていく時期に起きていること

友達・周りの人みんなが自分から離れていく時期に起きていること

 

友達・周りの人みんなが自分から離れていく時期に起きていることは以下の2パターンに分けられます。

 

  • 自分が変化したとき
  • 相手が変化したとき

 

どんな感じか1つずつ見ていきましょう!

 

 

自分が変化したとき

自分の変化で人が離れる

 

あれは、私が会社員を辞めたときのことでした。

 

 

私は2014年7月に会社員を辞めました。

 

大卒で入社したその会社では同期が200人くらい居て、そのうち同じ拠点の同期30人くらいとはかなり仲が良いと思っていました。

 

それこそ、私が起業したとしても一生仲の良い友達でいられるんだろうなって思っていました。

 

 

会社員を辞めた後、半年くらいは同期から誘いをもらって、飲みに行ったり、麻雀を打ったりしていました。

 

 

が、起業して約1年後・・・。

 

 

同期からの遊びの誘いは一切なくなりました。

 

連絡を取る人すらいなくなり、周りから忘れられたんじゃないかって思うくらいでした。

 

 

こんな感じで、私は起業した後に友達・周りの人みんなが自分から離れていきました。

 

それこそ、会社員時代に合コンで仲良くなった女友達なんて、私が会社を辞めたってわかった瞬間、LINE既読スルーになりましたからね(笑)

 

どんどん一人になっていくあの孤独感は、今でも忘れることができません。

 

 

ただ、現実問題として、私が会社を辞めた時点で私と同期の間に「同じ会社で仕事を頑張る仲間」という共通点が無くなったワケです。

 

学生時代の同級生だって、同じクラスの仲間・同じ部活の仲間って共通点が無くなった後、その後も残り続ける人間関係ってのはほんの一部の中の良いメンバーだけですよね。

 

 

こうやって人は、共通点が多い人と一緒に過ごそうとする習性があります。(心理学や進化論からも証明されています。)

 

 

それに、私がもし会社に残った側だとしたら、正直言って起業して上手くいったヤツとは、あまり会いたくないと思ってしまいます。

 

我慢してやりたくもない仕事をして給料の為だけに頑張っている自分からすると、起業して上手くいっているヤツを見ると何となく自分が否定されている気分になるからです。

 

 

こんな感じで、自分が変化すると、自分と相手との間に共通点が無くなり、なおかつ一緒にいると違和感を感じるようになるため、自然とお互いが離れてしまうんですね。

 

 

 

相手が変化したとき

相手の変化で人が離れる

 

そういえば、こんなケースで人が離れていくのを経験したこともあります。

 

あれは、会社員時代に起業を目指してとあるビジネスコミュニティに参加したときのことでした。

 

 

私はいずれ起業したいと思い、お金を稼ぐ方法を学ぶために東京のビジネスコミュニティに参加しました。

 

仙台から新幹線に乗って東京まで行って、毎回セミナーに参加していました。

 

 

当時の私は仕事が忙しいことを言い訳に、教わった作業を十分にこなすことができませんでした。

 

 

ですが、セミナーで仲良くなったコミュニティの仲間たちは、バリバリ作業をして少しずつ収入という結果を生み出すようになりました。

 

最初は数百円・数千円だったのが、数万円・数十万円となり、私と仲間との差は開くばかりでした。

 

 

仲間たちは、飲みに行く店が変わりました。服装も変わりました。遊び方も変わりました。

 

稼ぎの無い当時の私は、途中から付いていけなくなりました。

 

 

そして、仲間たちは私を遊びに誘わなくなりました。

 

 

そうやって、友達になった人や周りの人が自分から離れていってしまいました。

 

 

こんな感じで相手が成長すると、その相手にとって自分は物足りない存在になります。

 

私で言えば、仲間たちの「さっさと稼いで楽しく遊ぶ!」って価値観と会わなくなったため、仲間たちからすると価値観を共有できずにつまらなくなったんですね。

 

 

独身者と既婚者で、お金の使い方や遊び方・価値観が変わって話が合わなくなるのも同じですよね。

 

子育ての悩みとかって、独身者と既婚者じゃわかり合えないから、既婚者からすれば同じ子供がいる既婚者と話した方がわかり合えるわけです。

 

 

こうやって、自分は変わらないけど相手が変わった結果、共通点が少なくなって、友達・周りの人みんなが自分から離れていくということが起こることもあるんですね。

 

 

 

友達・周りの人みんなが自分から離れていくのは共通点の減少が原因だった

人が離れていくのは共通点の減少

 

私たちの人生は、転職・結婚・出産などのライフイベントでどんどん変化していきます。

 

 

ライフイベントって、全員が共通ではありません。

 

1つの会社の勤める人がいる一方で、転職したり独立起業する人もいます。

 

結婚する人がいる一方で、一生独身でいる人もいるし、途中で離婚する人だっています。

 

 

私たちは学生時代まで、同じクラスや同じ部活の友人とは、ほぼ同じライフイベントで過ごしてきました。

 

入学式・進級・運動会・文化祭・卒業式・・・、みんなと一緒に経験してきましたよね。

 

あの頃は、共通点ばかりでした。

 

 

だから、同じ仲間と強い絆で結ばれ、濃い時間を過ごすことができました。

 

 

ですが、大人になればなるほど、自分も相手も変化していき、それぞれのライフイベントを選んでいきます。

 

 

そりゃ、共通点が減るのは当然ですよね。

 

 

そして、人は共通点が多い人と付き合いたいという習性から、共通点が減った人とは離れ、共通点が多い人と新たに付き合いを始めていくのです。

 

 

つまり、友達・周りの人みんなが自分から離れていく理由は、お互いの変化による共通点の減少であり、誰のせいでもないってことなんですね。

 

私たちが年齢を重ねて、カラダも考え方も変化していくように、人間関係も変化していくという自然な流れの中で起こっていることだったのです。

 

 

でも、周りの人が自分から離れて行ってしまったら寂しいし、1人になっていくのは怖いと感じてしまうこともありますよね。

 

 

んじゃ、どうやったら友達・周りの人が離れていかない自分になることができ、新しい人間関係もどんどん増えていくように出来るのか?

 

次は解決策をお伝えしていきます!

 

 

 

友達・周りの人みんながが離れていかない自分になる対策

友達や周りの人が離れていかない自分になる方法

 

私は、自分が成長することで周りから人が離れていく経験と、相手が成長したことで周りの人が離れていく経験の両方をしました。

 

2つの経験から友達・周りの人みんながが離れていかない自分になる対策として『共通点』がポイントなんだなってことはわかったのですが、じゃあ具体的にどうすればいいかはすぐにはわかりませんでした。

 

だって、ライフイベントって人それぞれのタイミングで起こるモノだし、友達が結婚したから自分も、友達に子供ができたから自分もってのは「それは違うんじゃない?」と思ったからです。

 

 

じゃあ、友達・周りの人みんながが離れていかない自分になるためにどうすればいいのか?

 

葛藤していた私は、あるセミナーに参加したときに答えが見つかりました。

 

 

セミナーに参加して、私の悩みを講師の人に質問しました。

 

 

私:
「友達・周りの人みんなが自分から離れていく感じがするんです。一体そうしたらいいかわからなくて・・・」

 

講師:
「現時点で、人が離れていかない自分になる対策で過去の経験から見えていることはあります?」

 

私:
「そうですね〜、人間関係の継続には『相手との共通点』が重要なんじゃないかなって感じてます。同じ会社にいる者同士・既婚者同士って同じような人が集まりやすい感じで。」

 

講師:
「いいところに気付いてますね!そう!『相手との共通点』がほぼ答えですよ(^^)」

 

私:
「でも、『相手との共通点』はどうやって作ったらいいのかわからなくて・・・。友達が結婚したから自分も、友達に子供ができたから自分もってのはおかしいじゃないですか?」

 

講師:
「そうですね(笑)。んじゃ、どうします?」

 

私:
「う〜ん・・・」

 

講師:
「西村さんが考えているように、『相手に合わせて相手との共通点を作ろう』としたらたぶん無理ですね。」

 

私:
「えっ!?ええっ!?」

 

講師:
「逆に、西村さんはどんな自分との共通点を持っている人と友達になったり、周りにいてくれたら楽しく過ごせますか?」

 

私:
「あっ!!そういうことか!!」

 

講師:
「そういうことです(笑)」

 

 

あなたは、どんな考え方・どんな共通点がある人と過ごせたら、友人や周りの人と喜びや楽しさを分かち合いながら、今までよりもさらに楽しく過ごしていくことができそうですか?

 

 

講師の人からの最後の質問で気付きました。

 

すでに起業していた私は『もっと人生が良くなるために変化していきたいな!』と思っていました。

 

 

だから、『もっと人生が良くなるために変化していきたいな!』って考え方を持つ人と友達になればいいんだって思ったんです。

 

 

その瞬間、考え方がこう変わりました。

 

共通点造り=自分を相手に合わせる

 

↓↓

 

共通点造り=自分の中心となる考え方と同じ友人を作る

 

 

こう考え方が変わってから、新たに繋がる友達や周りの人とは人間関係が長く続くようになりました。

 

ムリヤリ自分を相手に合わせる必要もなくなったので、精神的にも気疲れすることがほとんどなくなりました。

 

 

不思議と表向きには共通点が少ない人とも友達になれるようになりました。

 

年齢が一回り以上上の人も下の人も、ぜんぜん違う仕事をしている人も、会社員でも起業家でも、独身でも既婚でも、生い立ちが全く違っても、全然関係なく仲良くなれるようになったのです。

 

 

人間関係が上手くいくようになって私はこんなことに気付きました。

 

【人が一番大切にするのは、『考え方が近いという共通点』だ】

 

と。

 

 

面白いことに『もっと人生が良くなるために変化していきたいな!』って考え方が同じ人と話していると、会社員or起業家・独身or既婚、と立場が違っても会話が合うんですね。

 

 

友達:「この前会社で失敗しちゃってさ〜」

 

私:「どんな失敗したん?(笑)」

 

友達:「いや、笑うとこじゃないしー!(笑)。まぁ(〜失敗内容〜)で。」

 

私:「んで、どうしたの?」

 

友達:「もっと良い仕事の進め方発見したから、実験なう!」

 

私:「いいね!」

 

 

って感じで、自分が変わればもっと良くなるってお互いが考えているから、変な愚痴にはならないし、お互い全く違う立場からアドバイスし合っても「そう!それ!」って共感できたりするんです。

 

だから、『考え方が近いという共通点』さえあれば、表向きの共通点がほとんどなくても、人間関係が構築できます。

 

それこそ、自分の中心となる考え方ってめったに変わらないから、その『考え方が近いという共通点』で繋がっていると、転職とか結婚とか表向きの出来事に変化があったとしても、お互いに共通点が減ったという認識にならないので、長く人間関係が構築できます。

 

 

こうやって、

 

「どんな考え方・どんな共通点がある人と過ごせたら、友人や周りの人と喜びや楽しさを分かち合いながら、今までよりもさらに楽しく過ごしていくことができるか?」

 

から導き出した『自分の中心となる考え方』を共通点として、友達を作っていくことで、友達・周りの人みんながが離れていかない自分になっていけるんですね。

 

 

 

それこそ最近は、お互い忙しくて1〜2年会えなくても「久しぶりに語り合おうぜい!」なんてメッセージをもらうこともたくさんあって、本当に楽しく過ごせるようになりました。

 

 

 

まとめ|友達・周りの人みんなが自分から離れていく時期がくる理由と対策

人が集まる人に

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

今回の記事「友達・周りの人みんなが自分から離れていく時期がくる理由と対策」では、

 

  • 友達・周りの人みんなが自分から離れていく時期に起きていること
  • 友達・周りの人みんながが離れていかない自分になる対策

 

をお伝えしました。

 

 

まとめると、

 

「どんな考え方・どんな共通点がある人と過ごせたら、友人や周りの人と喜びや楽しさを分かち合いながら、今までよりもさらに楽しく過ごしていくことができるか?」

 

から導き出した『自分の中心となる考え方』を共通点として、新たに友達を作っていくと、人が離れていかない自分になれる!

 

ということでした。

 

 

あなたがこれからもっと友人や周りの人と喜びや楽しさを分かち合いながら、今までよりもさらに楽しく過ごしていくことが出来るよう祈っております。

 

 

 

 

さらに「どういう考え方を持てばもっと人が離れていかない人になるのか?」などの人間関係の極意を、【スマイルマーケティングクラブ(今だけ無料)】で私の経験を凝縮してお伝えしています。

 

ご参加いただくと、より友人や周りの人と喜びや楽しさを分かち合える人になるコツをお持ち帰りいただけるはずです。



【スマイルマーケティングクラブ特別無料会員募集中!】

スマイルマーケティングの中の1つ、”バリュープロデュース”を伝授するメール講座付き限定無料プラン

顧客から「お金を払いたい!」と言われてしまうバリュープロデュースのヒミツとは?


『バリュープロデュース伝授講座の一部』

  • やりたいことをやらない方が楽しく成功していける理由
  • なぜ自動化を後回しにした方が長期的に安定した成功が手に入ってしまうのか?
  • 笑いが増殖!ビジネスで儲かれば儲かるほど 周りに笑顔が増えてしまうスマイルマーケティング理論
  • 終わりなき情報バーゲンセールの始まり。 情報に価値の無い時代に価値を生み出す バリュープロデューサー業という仕事


今ならどなたでも無料で参加出来ますので、この機会にぜひご参加ください。

→詳しくは今すぐこちら